キリスト教で「純潔」の象徴である白百合

ガーデニング

もうすぐユリの季節です。玄関前の白百合(カサブランカ)はまだ蕾ですが、間もなく立派な花を咲かせることでしょう。

そんなカサブランカについて、調べてみました。

概要

ユリ科
ユリ属
学名Lilium Casa Blanca
和名カサブランカ
英名Lily
原産地ヨーロッパ
花期6月~8月

カサブランカは、オリエンタル・ハイブリッド種という品種のひとつ。大きな花と、強い香りが特徴。

聖書にも数多く登場する白百合

白百合は聖書にも数多く登場する、純潔、無垢の象徴として聖母マリアを表す花です。
レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」で天使ガブリエルが手に持っているのも、
白百合です。

王家の紋章によく見られる百合の紋章、「フルール・ド・リス」ですが、ユリの花もしくは、アイリス(アヤメ)という説もあります。


中世ヨーロッパで3つの花びらは「信頼・知恵・騎士道精神」を意味していました。

のちにフランスで「聖三位一体」の象徴として扱われるようになりました。

現在でもこの紋章はいたるところで見ることができます。

ミッション系の大学や、ボーイスカウト・ガールスカウト、国旗などに用いられています。私もミッション系の大学に通っていたので「百合の紋章」には思い入れがあります。

Dragon Ashのkjが百合に込めた思い

10年以上前のことですが、NHKの「佐野元春のザ・ソングライターズ」という番組にDragon Ashのkjこと降谷健志氏がゲストとして出演していました。

その番組で彼が語っていたことが今でも印象に残っています。

その番組は立教大学で公開収録が行われていました。ある学生から、

「歌詞の中で頻繁に百合とか、Lilyという単語を使われていますが、
 それにどういった思いを込めて歌詞を書かれているんですか?」

という質問がありました。
絶妙な質問ですよね。そのような疑問を持つ方も多かったのではないでしょうか。
「よくぞきいてくれた!」と当時思いました。


英語で百合を意味する”Lily”はDragon Ashのアルバムのタイトルにも使われています。

それに対して、彼はこう答えていました。

 音楽をやってるってだけじゃなくて、音楽ビジネスの中にいるじゃん?

 だからそんなに胸張って言えないこととかもあるし、実際売り上げも無かったら、食っていけないわけじゃん、俺らの職業ってさ。

 だけど、音楽を作ってるときとか、ライブに来てくれてる人への接し方とか、音楽に対する気持ちだけは絶対にピュアでなくてはアーティストはダメだと思うし、音楽に対する気持ちや姿勢っていうのは、常に白百合のようでありたいってことです。

熱いですね。このことは、音楽ビジネス以外にも言えるのではないでしょうか。どんな仕事をするにも、常に白百合のような純粋な気持ちで向き合いたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました